「大正文学・南部修太郎」

  永井誠剛  監修/はるかぜ書房

大正時代の息吹を復刻する『大正文学本シリーズ』。企画を聞いてまず思ったのはどのようなアプローチでいったら良いのか。「文学」「大正時代」「忘れさられている作家」。そもそも印刷するのが今の時代に得策?とか。 とにかく軽くしよう。コアな人以外に少しでも届くよう、カバーを付けずざらざらしたわら半紙のような紙を使ったペーパーバックな感じ、手に取ったとき重さを感じさせない、読み続けてボロボロになってそれがカッコいいとなるような。

books_taishonanbu_more01-08B.jpg
books_taishonanbu_more16.gif
books_taishonanbu_more17.jpg
試  作   
books_taishonanbu_more10.jpg
books_taishonanbu_more09.gif
books_taishonanbu_more11.gif
books_taishonanbu_more12.gif
books_taishonanbu_more13.gif
books_taishonanbu_more14.gif
editorial_taishonanbu_more_04.JPG
editorial_taishonanbu_more_15.JPG